マンションの査定を受けた時の話

遺産相続で手に入れたマンションがありましたが、私はそこに住む予定は全くありませんでした。最初は残してもらった物だからと言う事でそのままずっと所有しておこうかとも考えましたが、実際には税金の問題もあり、結局手放すことにしました。その方が私としては出費が少なくなるからです。正直な事を言って、毎年払う必要がある固定資産税は私にとってはかなり大きな出費で、他の所有している物件と合わせると2か月分位の給料が税金として消える状態でした。

 

ただマンション自体はそれほど不便な所にあった訳ではありませんが、簡単に売却する事は出来ませんでした。査定してもらいましたが、思ったほど高額ではなかった、というのも影響しているかもしれません。結局複数の業者に査定をしてもらい、最終的に高額だった所に売ることにしました。

 

私が利用した業者は地元の業者とネットで発見した所です。どちらも対応は良かったのですが、業者によってかなり査定額に差があると言う事も知りました。どこに売っても同じ、どこで買ってもらっても同じと思い込んでいましたが、そうではなかったようです。また、マンション自体は私は別の所にも持っていたのですが、同じ位の広さでも立地等によってかなり査定額が変わることも分かりました。

マンションの査定で苦労しない

マンションの売却は難しいと思っている人も多いかもしれません。そうそう何度も経験しないことでもあるため、全くの初めてという人もいるはずです。私自身も手間が掛かったり時間が掛かったりするのではないかと思っていました。しかし査定さえクリアすれば案外すんなり売却できます。

 

査定の受け方が問題ですが、訪問をしてもらうだけが利用方法ではありません。机上査定という方法もあり、こちらならオンラインで大体の価値を示してもらえて便利です。複数の不動産業者から金額を出してもらえば相場も分かりますし、相場を踏まえて高く売れそうなところに依頼すれば後はお任せして売却することが可能です。どのみち訪問をしてもらって正しい金額を出してもらう必要もあるものの、企業査定で不動産業者の絞り込みを行うだけでも随分手間は違ってくるはずです。

 

ただマンションを売る際には金額が良いところばかりに注目せず、販売力のあるかどうかも重視して選ぶようにしましょう。提示される金額が良くても売れないと意味がありませんから売る力があるところに頼んだ方が安心です。不動産業者ごとに得意不得意もあるため、私の時もしっかりと売り切る力があるのかをチェックしながら選びました。