管理人がいる安心感と面倒な一面

200世帯以上が住んでいるマンションなので、管理人とその他の清掃をしてくれている方が3人ほどいます。

 

常にエレベーターから廊下からゴミ出し場まで丁寧に清掃されており心地よいです。
また、公共の場の問題点、電気が切れたとか汚れが目立つなども連絡を入れれば対応してくれますから、仕方なく自分で何かをやることはほとんどないです。

 

住まいの問題点などの相談事も誰に言えばいいのかなどの悩みはないです。

 

大きなマンションのためかわかりませんが、ご近所付き合いというものもほとんどありません。
あいさつ程度はしますが、お互い深く立ち入るようなことが少ないと思います。

 

子供がいる家庭では、学校が同じになるため子供のイベントが企画されることも多く、
それにどの程度付き合うかも重要なポイントになってきます。

 

マンションの住人の一部の方が盛り上がってイベントを行ったりしますので付き合いから参加せざる得ないことも発生します。

 

駐車場がやや問題はあります。それは混み合う時間帯だと立体駐車場からなかなか車が出せません。
そして、安全面のためなのですが、立体駐車場は意外とメンテナンスが頻繁です。

 

その都度、一定時間出し入れに気を使ったり、余計な時間がかかったりもします。

 

駅から離れているマンションなので、シャトルバスが走っていますが運営上、本数が多くはありません。その時間に縛られている感じはあります。
ただ、駅から途中停車なしなので、便利ではあります。

 

管理組合が組織されており、その理事が数年に一度の割合で回ってきます。

 

正直、適当にこなすこともできるのですが月一回の会合に顔を出して、意見を求められたりするのですべて適当というわけにはいきません。
また役割も任されたりするので、その役割によっては大変です。

 

ただ、意見を言うと通ることも多いので住みよいマンションを作っていく過程を楽しむこともできます。

 

当然ですが、オートロック、多数の監視カメラがありますのでセキュリティ面では安心といえるかもしれません。
なにか事件事故があった時にも管理人が映像のチェックや警察とのやり取りをしてくれます。

 

とにかく面倒なことは管理人が全面に立ちますからそこは大変助かっています。

 

管理人の人柄にもよるのでしょうが、いい人だと助かりますが意外と辞められることもあり、
そうなると最初からコミュニケーションをとる必要がでてちょっと不満に思うこともあります。

 

そのくらいマンションの良し悪しは管理人、管理会社の存在は大きいと思います。